スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ダサイ祭り

ミーナさんのメールをHP更新しました。
ダサイ祭り

ダサイ祭りについての説明です。ネパールやインドの人たちにとっては特別な大きなお祭りです。

毎年この時期NPOワールドワイドファミリーではネパールHOME FOR BUDDHASの子供たちのために寄附をしてきました。今年は円安、消費税、物価高、私たち庶民の暮らしに余裕が無くなってきた感じがします。
スポンサーサイト

ボストンでのディワリ祭り、ネパールの子供たちの近況

ミーナさんのメールをHP更新しました。
ボストンでのディワリ祭り、ネパールの子供たちの近況

ボストンでは生徒たちとディワリを祝って、料理をしたりダンスをするようです。

ネパールのピンクさんとマラさんから電話があり、バルサラチ学校の近況を報告してくれました。12歳から17歳の子供たち25人が高校から奨学金をもらっているそうです、つまり本、制服、バス代が無料ということだそうです。ポカラではカウンダダの子供たちを含めて35人は奨学金をもらっているそうです。

コンゴより 子供たちの教育、老後

コンゴのウフェラ先生のメールをHP更新しました。
子供たちの教育、老後

ウフェラ先生の息子さんトーレさんはインドに留学していますが、学費が高いので働きながら大学院に行くそうです。インドでは仕事はないようです。末息子ベニちゃんは医学を目指しています。両親共優秀、息子さんたちも優秀で海外留学に意欲があります。80歳になったらコンゴでウフェラ先生の家族と滞在してもいいそうです。コンゴでは親切で時間のある人も多く、常に人がいて孤独を感じることはないでしょう。
FOCICOの友人たちによろしくとのことです。

庶民の問題、今年のダサイ祭り子供たちの心配、アメリカでの教育

ミーナさんからのメールをHP更新しました。
庶民の問題、今年のダサイ祭り子供たちの心配、アメリカでの教育

経済危機の中で、大金持ちや貧乏人はあまり関係のないことでも、中間層である庶民にとって打撃がある。ダサイ祭りは大きな特別なイベント。HOME FOR BUDDHASの貧しい子供たちにもお祝いをしてあげたい。アメリカの大学生もいろいろ問題があるようだが、オープンで明確に物事を分かち合うことは速い決断することに有効である。親が無かったり、貧しいHOME FOR BUDDHASの子供たちのことを思えば恵まれている。

昨日ハーバード大で学んだ方の話を聞いた。日本の教育は一方通行で受け身であるが、アメリカの教育は言うことに対し、批判的な意見を述べたり、頭を使って自分の意見を交換し、議論をすることに時間を割くようだ。日本の問題は教育にも起因するのかもしれない。

訃報と地球

このところ訃報やら体調不良の話をよく聞くようになって悲しく残念である。寒さのせいか、年のせいでもあるかもしれないけど、生命より経済を優先させた社会の結果として私たちの平均寿命は短くなっていくのだろう。所有していたものすべてを地球に返してあの世に飛び立つ。どう生きていくかと同じく、どう死んでいくかも考えさせられる。もう地球に生まれたくないけど、このままでいけば未来の子供たちに破綻処理やゴミ処理を課することになるかもしれない。美しい地球を残したい。地殻変動は地球からの警告のような気もするし、無力に思えるが変えられるのは今の私たちなのだと思う。

美しい人生へ、平和でシンプルで清潔に、健康的、周りに善き知人 心から心への繋がり

ミーナさんからのボストンの報告をHP更新しました。
美しい人生へ、平和でシンプルで清潔に、健康的、周りに善き知人 心から心への繋がり

アメリカでのミーナさんの知人たちは自由で幸せ、お金が無く、フルタイムで仕事をしないそうです。アメリカでも中高年になるとフルタイムの仕事は難しいそうです。より精神的にシンプルに、平和で清潔に、周りに善い人々がいることが、人生を美しくしていくと言う。

どこでもお金の無い社会に向かっていく予感。人の結びつき、助け合いの精神が大切になっていくのでしょう。

ネパール 貧しい子供たちとの関わり

ネパールからミーナさんに連絡がありHP更新しました。
貧しい子供たちとの関わり

ネパールの裕福な方がネパールの貧しい子供たちを支援すればいいと思いがちですが、金持ちは貧しい子供たちに近寄ることを避ける現実があってうまくいきません。物があっても無くても近くにいても遠くにいても、すべて心が決めることです。

日本在住、華麗なるシタール奏者スシュマさんに電話したら、夏に2か月ネパール訪問したそうです。今のネパールは物価も高くなり、常に長い停電が起きているけど、金持ちの人ソーラー発電しネットもやり放題、格差が広がっているそうです。地方からも貧しい人が大勢やって来ているそうです。Face Bookでバルサラチ学校のことをご存知でしたが責任者のマラさんがたまたま不在だったそうです。

ボストンより 子離れとボランティア活動

ミーナさんからのメールをHP更新しました。
子離れとボランティア活動

ミーナさんは、息子さんシャムちゃんの大学進学が決まり、教えるクラスも少ないので時間的余裕ができ、ボランティア活動を行う意欲を持っていろいろ試みていきます。

コンゴからの報告 義姉の死とFOCICOチルドレンたちの最終試験

しばらくHP更新が滞っていましたが、
以前届いたウフェラ先生からのメールを更新しました。
義姉の死とFOCICOチルドレンたちの最終試験

病気していたお義姉様がお亡くなりになられ、ウフェラ先生のキュートで賢い末息子のベニちゃんやFOCICOチルドレンたちの高校最終試験も終了したそうです。コンゴのウフェラ先生の家族や親戚の愛の絆はとても強く、助け合い精神があります。毎日お義姉様のお見舞いにも通われ、お疲れのようです。FOCICOチルドレンも成長し自立していくことでしょう。FOCICOチルドレンを支援してくださった皆様に感謝申し上げます。
カレンダー
10 | 2014/11 | 12
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
カテゴリー
プロフィール

ミアキ

Author:ミアキ
インターネットからNPOワールドワイドファミリーが誕生。現在、ネパールとコンゴ民主共和国でストリートチルドレンや女性や困窮者の支援活動を行っている。八ヶ岳と横浜で二地域居住、八ヶ岳で自給自足を目指す。

クリックしてね!

blogranking

最近の記事
リンク
ブログ内検索
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。