スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

NPOワールドワイドファミリーの皆様に感謝

ネパールでたくさんのHOME FOR BUDDHASの子供たちの世話をしてくださっているボランティアの方々に感謝しています。そして理解して支援してくださる日本のワールドワイドファミリーの皆様に深く感謝しています。ネパールの状況を聞きミーナさんから返事があったのでHP更新しました。

NPOワールドワイドファミリーの皆様に感謝
子供たちは純粋でシンプルで貧しくて何もない状況でも笑うことができます。子供たちは生き、厳しい状況の中でも子供たちを育てることに私たちは少し奉仕できます。ネパールは最大の食糧危機下で、食糧が高騰し、誰もが直面している問題です。支援が必要な時を感じてくれて奇蹟です。支援してくださる方々皆に感謝しています。

集まっている寄附をネパールHOME FOR BUDDHASの子供たちのためにネパールに送りたいと思います。
スポンサーサイト

犠牲になる女性たち、欲深くない人々に平和を

HP更新しました。
犠牲になる女性たち、欲深くない人々に平和を

ミーナさんであっても孤独を感じ、たくさんの孤独な女性たちもいて、ネパールの女性たちの悲話があります。欲深い人は争いが好きかもしれないけど、欲深くない人々には平和であってほしいものです。

平和な世の中を願います。

愛が重要、子供たちの良い人生を植えつける

ミーナさんからのメールをHP更新しました。
愛が重要、子供たちの良い人生を植えつける

ネパールのボランティアから食べ物やガスや制服や靴が無いと連絡を受けるけど、学業は完全に素晴らしくしています。「リンゴを植えたらリンゴを得る」ように、子供たちに教育や愛を与えれば良い人生を切り開くことができて、私たちも喜びを得ます。子供たちは最初来た時は悲しい顔して空腹で痛々しい人生であったけど、HOME FOR BUDDHASでは自分たちの子供たちのように受け入れて、抱きしめ、愛して、人生に善き夢を見させて、真実を願いました。今、子供たちは幸せで健康的です。
子供たちに真の微笑をもたらし続けるためには教育やら食糧を与えることなのです。

ボストンの事情

ミーナさんからのメールを少しずつHP更新しています。
ボストンの事情
ボストンでは小人数のグループでHOME FOR BUDDHASについて話しますが、国の困窮者や貧しい人々を助けることより、今日では高齢者を助けることが課題です。ボストンの人々はモンタナの人々とは違うようです。

秋の始まり、イネ刈、きのこ

4日間山籠りして、ずっと快晴だった。まだ9月なのに寒くなってきて、ストーブを焚いた。
ほんの少し色着いた葉もあり、これからが華やかな紅葉の季節、楽しみ!今年は早いかも。
ピンクのコスモスと黄色いイネが山々に映えて美しい時。

台風が近づくかもしれないというので、急遽夫はイネ刈に出かけた。私は新しいオーブンでクッキーの試作品を作ってみたが、失敗してもう一度チャレンジして成功、美味しい!おもちゃのようにいろいろ試作品の食べ物も作ってみる。久々のゆっくりした時間。

シジュウカラのためにヒマワリの種を皿に入れて吊るしてあるけど、鳩が食べにくるようになった。鳩はヒマワリの種を落としてしっかり食べる。そんな鳩が窓ガラスにぶつかって死んでいた。煙突の中で落ちたシジュウカラと同じく、夫が埋葬した。

きのこの季節、ジコボウ(ハナイグチ)を食べた。毒きのこでないかとか、最近はセシウムはどうかとかも気になるけど、美味しい!

バルサラチ学校の食糧問題とネパールの問題

ミーナさんからのメールをHP更新しました。
バルサラチ学校の食糧問題とネパールの問題

ミーナさんはネパールのボランティアと毎日連絡し、バルサラチ学校は大きな食糧問題があるので、寄附を集めて送りました。暑く、飲み水が無く、電気も無く、子供たちが病気で、多くの子供たちが様々な場所から到着します。自然災害、、そして政治的災害もあります。純粋な子供たちは食べ物と避難所が必要なだけです。HOME FOR BUDDHASはまだ奇蹟と祝福でなんとか持ちこたえています。

ミーナさんのモンタナ訪問

モンタナ訪問

ミーナさんはモンタナに出かけ、料理をしてHOME FOR BUDDHASの話をしました。純粋な心の素晴らしい高齢者たちが美しい場所に共同体で楽しく暮らしています。

カウンダダ屋根の崩壊

ミーナさんからのメールが溜まっているので、HP更新しました。
カウンダダ屋根の崩壊

ネパールからの悲しいニュース、カウンダダの屋根が完全に崩壊しました。怪我をした人もいるけど、子供たちは大丈夫でした。

夏が終わり

雨が多かったおかしな今年の8月も終わり、秋の声が聞こえてくる。

今年の畑はいろいろな野菜が実り、親戚もたくさん訪問して忙しい夏であったが、野菜の収穫も少なくなり、肌寒く、日が短くなってきた。

母が認知症になり始め、生き方を考えてしまう夏でもあった。高齢者も様々なのであるが、人間にも黄昏時もあるし、心と頭がしっかりしていないと人生をうまく操縦できなくなるのだ。たとえ若くても、次の瞬間にガラリと人生が変わってしまうことも有り得るし、今あるこの瞬間を大切にしたいとも思う。

核家族ではなくて、小さな子供たちや老人もいろいろな年代の人が一緒に過ごして支え合う、大家族がいいのかもしれないとも思う。
カレンダー
08 | 2014/09 | 10
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
カテゴリー
プロフィール

ミアキ

Author:ミアキ
インターネットからNPOワールドワイドファミリーが誕生。現在、ネパールとコンゴ民主共和国でストリートチルドレンや女性や困窮者の支援活動を行っている。八ヶ岳と横浜で二地域居住、八ヶ岳で自給自足を目指す。

クリックしてね!

blogranking

最近の記事
リンク
ブログ内検索
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。