スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コンゴへ寄付、義姉の葬式、寄付の使い道

コンゴのFOCICOの活動のために集まった寄付をウフェラ先生に送りました。やっと届いたウフェラ先生からのメールをHP更新しました。
コンゴへ寄付、義姉の葬式、寄付の使い道

ウフェラ先生は送金するとすぐに感謝のメールをくださるのですが、今回はずっと連絡が取れなかったので、ウフェラ先生はお元気なのか心配していました。お義姉様を看病して亡くなられて葬式をしていたのですね。コンゴは大家族が多く、ウフェラ先生のご家族の絆も強く、ご兄弟ご姉妹も協力してFOCICOの子供たちの支援をしていました。教会の結婚式は歌と踊りで賑やかに盛大でしたが、お葬式も長くやるようですね。

今回の寄付は子供たちの椅子と女子生徒の教育のために使われます。資金が少なくても、できることをします。
ご協力してくださった皆様に心から感謝申し上げます。
スポンサーサイト

ネパールの子供たちへの寄付、感謝、子供たちの支援の12年間

9月にネパールとコンゴの現地へ日本で集まった寄付を送りました。
皆様のご協力に心から感謝申し上げます。

まずミーナさんから感謝のメールが届きました。HP更新しました。
ネパールの子供たちへの寄付、感謝、子供たちの支援の12年間

今は子供たち10人が奨学金をもらってカレッジに通うまで成長しました。Home for Buddhas とは、奪われ、孤立され、見捨てられ、飢えた、孤独な子供たちの家です。たくさんの子供たち一人一人の背景や個性があります。

「はじめに心ありき」だけで始まったストリートチルドレンの支援は、NPO活動となりネパールでは大きな活動になり、たくさんの子供たちの教育支援や生活支援や女性たちの自立支援をして、12年間経過しました。想定外な数々の出来事、国王の暗殺、マオイストの戦い、洪水や、停電、等々、、、いろいろな事件も起きて、後進国ならではの困難な状況の中でも皆様に支えられ、ここまで来れたことに感謝申し上げます。

現地では多くの子供たちがいるのでHOME FOR BUDDHASの子供たちの教育指導や食べ物や生活の支援や世話は大変なことですが、心暖かなたくさんのボランティアの愛に支えられてきました。子供たちには社会で生きていくためにはまず教育の機会を与えることを重視しました。そしてその結果、貧しい子供たちもカレッジに行けるようになったし、他の子供たちを支援するボランティアにも成長してくれます。

異常気象やら、災害や、経済破綻など先進国でも何が起きても不思議でなくなりましたが、僅かな支援であってもネパールやコンゴの現地の子供たちにとっては生きていくため、未来のための大きな支援となるので、今後ともどうぞよろしくお願いいたします。
カレンダー
10 | 2012/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
カテゴリー
プロフィール

ミアキ

Author:ミアキ
インターネットからNPOワールドワイドファミリーが誕生。現在、ネパールとコンゴ民主共和国でストリートチルドレンや女性や困窮者の支援活動を行っている。八ヶ岳と横浜で二地域居住、八ヶ岳で自給自足を目指す。

クリックしてね!

blogranking

最近の記事
リンク
ブログ内検索
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。