スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ネパールとコンゴへの寄附と報告

NPOワールドワイドファミリーで集まった寄附をコンゴの活動FOCICOとネパールの活動HOME FOR BUDDHASに半々に分けて9月末に現地へ送金いたしました。少額であっても現地では有効な支援に回すことができ、皆様の心のこもったご寄附に感謝申し上げます。
コンゴのウフェラ先生とネパールの報告を受けたミーナさんから返事が来たのでHPに更新しました。

コンゴからの報告

FOCICOへの支援
寄附の送金と感謝、写真

メールで送ってくれた筈の写真はまだ強調文届いていないのですが、良心的なウフェラ先生の家族やFOCICOの方々を深く信頼しています。

ネパールからの報告

寄附の送金と感謝
ネパールでの寄附の受領と使い道、現地のボランティアの人々

ミーナさんはアメリカに移ったけど、ネパールでは姪のピンクさん、責任者のマーラさん、アラン父さんなどが見守ってちゃんとHOME FOR BUDDHASの活動は継続しています。詳細を報告してくれたのでわかりやすいです。

皆様のご協力に心から感謝申し上げます。
スポンサーサイト

伯母の死と放射能

いろいろな事が起きる中、もう12月になってしまった。

元気いっぱいの伯母が秋に突然白血病になったと聞いて驚いた。伯母は行動的なので震災後も都心を歩き周り、ひょっとして放射能のせいではなかろうかと思った。そして先日亡くなり、とてもショックで残念である。

伯母は86歳で普通の人だったけど、本当に元気で前向きで若々しくて美しく、明るくて皆を幸せにして、年齢や性を超越した人間的魅力あふれ、大好きだった。同じことをしていても常に喜びを見出して周りと分かち合う。何か起きてもプラスのことへと変容していく。自然を愛して、生活を楽しむ。あんな風に素敵に年を重ねていきたいと思う人生のお手本であった。一緒に過ごした楽しく充実した時間に感謝、たくさんのことを教えてくださってありがとう。

今は測定しやすいセシウムだけを問題視しているが、本当は怖いストロンチウムやプルトニウムも広く降り注いだことを後で知る。生物は皆必ず死ぬことは確かだが、見えない放射能は知らないうちにあっけなく寿命を縮めるかもしれないので可能な限り注意したい。激動の時代、明日はわからない身、今あるものに感謝して、一瞬一瞬大切に、できることはしていきたい。

伯母は天国へ引越しても相変わらず楽しく、過ごしていることだろう。
カレンダー
11 | 2011/12 | 01
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
カテゴリー
プロフィール

ミアキ

Author:ミアキ
インターネットからNPOワールドワイドファミリーが誕生。現在、ネパールとコンゴ民主共和国でストリートチルドレンや女性や困窮者の支援活動を行っている。八ヶ岳と横浜で二地域居住、八ヶ岳で自給自足を目指す。

クリックしてね!

blogranking

最近の記事
リンク
ブログ内検索
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。