スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

桜の年度末、サバイバルしていた魚の赤ちゃんを発見!

 今日は年度末。年度末は仕事を片付けたりバタバタする。そして今年はこれを境に物価も上がりそう。桜の花が毎年、この年度末の変化を色づけて演出し印象的にする。年度末を知らない魚たちはのどかに泳いでいる。
 今日は愛しい魚ボロちゃんに手で合図しないで声を出して「ボロちゃん」と呼んだ。すると声だけでも反応し、大きな口を開けて腰を振って返事をしてくれたようだ。ヴィクトリア湖シクリッドは賢いので進化が速いのかもしれない。
 水槽では、口内保育していたお母さんが赤ちゃんを口から放すと、すぐに他の魚の餌になる。特に忍耐強い母魚1号が用心深く時間をかけて大事に赤ちゃんを口の中で育てても、諦めの早い母親の子供たちと同様、魚の赤ちゃんは他の魚の餌になる運命で可哀想だと思っていた。ところが、今日、1匹魚の赤ちゃんの生存を発見!夕食をあげたら水草の中から突如姿を現した。母魚1号が赤ちゃんを口から出したのは1月16日頃、生後1か月半で体長1・5センチ程。まだオスかメスか見分けがつかず、白い姿の初々しい赤ちゃん。他の魚の餌食にもならないで、水草の中にひっそり隠れ、智恵があるのか、用心深いのか、そんな魚の赤ちゃんが奇跡的に水槽の中でサバイバルできたのだ!その名をサバキちゃん(サバイバルしたキッド)と名づけた。サバキちゃんが隠れている場所は今勢力あるオス魚バラ君(尻ヒレの柄がバラバラ)の縄張りの中、バラ君が他の魚をキツく追い払う。サバキちゃんを守るほど父性本能もありそうでもないし母魚1号も時々サバキちゃんの水草を訪問する。魚の両親は子供を認識し守ることなんてあるのか?サバキちゃんが賢いだけなのか?とにかくこんな小さな魚の赤ちゃんであっても他の魚の餌食にならずにサバイバルして頑張っている。先の見えない不安定な人間社会だが、人間だって頑張ろう。魚の赤ちゃんから勇気をもらった。
スポンサーサイト

お花見と玄米

二子玉川駅から眺めて最初に春を感じる、多摩川沿いの桜は、堤防工事のため伐採されると今朝のチラシで知ってちょっと悲しい。今日は満開の鶴間公園に愛犬を連れてお花見。人がたくさん、子供たちがたくさん、犬は嫌いだけど人間の子供が大好きな愛犬キャニーは子供たちに囲まれてゴキゲン、尻尾を振りながら嬉しそうに歩いた。夜は小田急相模原にある酵素玄米の店まどかで食事。久しぶりに行ったけど、一緒にネパール、インド、チベット、ゴビなど旅した前島先生に偶然会えてよかった。心の温かい百合子さんやヒデさんの料理も美味しく、同じレシピで玄米を作っても、まどかの玄米は格別。そしてあの内容と素材でとても安い!体にいい物を食べて、体が喜んでいる。食は大切。

桜と卒業式

桜が少しずつ開花してきた。まもなく東京で最も美しい季節となる。今日はスーツ姿や着物姿の学生たちを見かけ、卒業式のシーズンなんだと思った。今は背広にネクタイはまだ馴染まず初々しい姿でも、やがては背広にネクタイの型に似合っていくのだろう。思えば私だって、ずっとハイヒールやビジネススーツ姿から遠のいていて、突然変身したら馴染まない自分がある。カジュアルな装いで過ごせる今は気楽でもあると思った。

ネパールからのメール ラマ僧や病気の子供たち、アゼリアティー

ミーナさんからメールが来たのでHP更新した。チベットのテレビを見て、ラマ僧を思い出す。ラマ僧であっても純粋で実践的な人もいれば、形だけの偽の僧侶もいる。ミーナさんはポカラから登るカウンダラの病気の子供たちの世話をした。子供が多いので大変である。
尚、いつもNPOにご協力をしてくださる横浜国際婦人会主催恒例イベント、「アゼリアティー」が4月17日開催される予定です。横浜で優雅で楽しい寛ぎのひと時を過ごしませんか。ご興味があり参加できる方はご連絡してください。チケット購入によって協力ができます。よろしくお願いいたします。

忘れ物

2か月前に電車の中にピンクの折畳み傘を置き忘れた。八ケ岳で買ったもので軽くていつも旅の共だった。まあ、安いし、いいかと思った。先週、電車の中に花柄の折畳み傘を置き忘れてずぶ濡れになって帰った。巣鴨で買った古い物でもう捨てようかと思ったけど置き傘として使っていた。おっちょこちょい!と我ながら嫌になる。2本無くしたからまとめて電車の忘れ物を電話で問い合わせてみた。ピンクの傘はあるみたいで、月曜日以降に用意してくれることになった。さて今日は月曜日、雨が降って、もう傘は置き忘れないように気をつけようと見える所に置いた。眠くてボーっとしていたけど、傘は確認、改札口を出ようとしたらグリーンのバッグが無い!ランチや本が入っている大切な物。親切な駅員さんに頼んで乗車車両を告げて探してもらったら、終点の忘れ物係で保管してくれた。ありがとうと言って取りに行った。そして別の駅へピンクの傘を取りに行った。ちゃんと忘れ物は出てくる。滅多にないことが同じ日に重なって、もっと気をつけよう。お騒がせしました。

お見舞いと都会の鼠

今日は信濃町へお見舞いに行く。元気そうでよかった、ずっと忙しかったからたまにはゆっくり休んでくださいね。久しぶりに都心に出た。渋谷の駅ホームで、人ばかりとため息をついたら、突然、線路に太った鼠が姿を現し!又壁の隙間に潜ってしまった。そう鼠だってちゃんと共生しているんだ。

愛犬と渋滞

犬の薬を午前中取りに行ってと頼まれ、可愛い愛犬のためと想い早めに出発、しかし国道246はずっと渋滞して2時間以上かかった。これなら長野に行けるのに、、、春の行楽日和、皆一斉に遊びに出かけたのだろうか。ガソリンは高騰し、犬の治療費もとても高い。犬用の保険もあるけど、以前獣医に必要ないと言われたので加入していなかった。一時、心臓肥大で心配したが、ダイエットにも気をつけ元気になってよかった。子供の数が減った代わりにペットの数は増える。ペットは少子高齢社会の中で家族としての重要な役割を担う。

月の目と温泉

夜8時頃だった。買い物をして重い荷物を転がしながら空を見上げると、輝く月の周りが幻想的な宇宙色の雲の穴となって、月が目玉みたい!美しい月夜!急いで夕食作って食べて、チケットがあったので瀬田温泉に行くことにした。毛穴が開いて、細胞が解放されて温泉は気持ちいい。東京のジャグジーでも若い女性が話しかけてきた、「時々来られるクリームの方ですね、美しくなったので興味を持ちました。」クリームの効果でなく人違いだった。クリームの人は誰?でもコンタクトレンズを外しているので見えない。東京の身近な場所にもたっぷりの温泉があって、お金を払えばいい物が何でも手に入る。しかしこの豊かな環境も無常かもしれないので、今のうちに楽しんでおこう。

ネパールからの報告と情勢

ミーナさんからのメールをHP更新した。
この2か月間ネパール情勢が悪かった。アメリカからアラン父が訪問したそうだ。アランさんもミーナさんが活動している HOME FOR BUDDHASの良き理解者であり支援者である。ネパールだけ情勢が悪いということはなく、日本でもアメリカでも程度の差があっても世界中連動している。しかし石油や物価が高騰し環境が破壊され、先進国の行動の影響を最も受けやすいのは最貧国の純粋な貧しい人々である。だからと言って私も今、無力で悲しい。

愛しの魚

離れた席で仕事をする時、少し距離ある水槽の中から魚の視線を感じる。一番近くに来てじっと見つめてくれるのは愛しのボロちゃん!私が気づいて手を振ると、腰を大きく振って喜んでくれる。年始に傷ついた尾ビレはすっかり修復し、尻ヒレにオスの象徴である丸いオレンジ色の模様、エッグダミーが少しずつできて一つ増えた。ボロちゃんのいる水槽の隅はかつて尾がボロボロになったけど今では権力者になったボロボロ君の縄張りだ。時々ボロちゃんを突っついて虐めて、ボロちゃんが逃げ回る。反対側に私が移動するとちゃんとボロちゃんもくっついて移動する。ボロちゃんは人間が大好きだ。あどけない目で見つめて、口をパクパクして話すようにしたり、声をかけると応答して、目も耳も頭もいいようだ。殺伐とした人間社会だが、素直に愛を表現する小さな可愛い存在に癒され幸せな気分になる。

王子様とスペイン料理

今日のランチはお別れの会。場所は離れたスペインレストランということで、私の足を気遣って車をお願いしてくれると聞いて恐縮。そして王子というニックネームのイケメンが迎えに来てくれることになったと聞いて嬉しい。礼儀正しくて本当に物語に出てきそうなハンサムな王子様が素敵な車で迎えに来てくださって感謝感激!スペイン料理も美味しく、若い人も皆いい人。思いやりのある感じいい人はイケメンに見えると思う。別れは寂しいけど、新しい門出だ。

ラサの騒乱

昔、成都で飛行機が飛ぶのを何日か待ってやっとラサ入りした。ポタラ城に行ったら中国政府が禁止しているからと言って入城できず、同行の友人がダライ・ラマ僧と謁見したと話したら、入り口の部屋まで入れてくれた。親切なお坊さんたちが中国の侵攻で家族が虐殺されたなど話しながらホテルまで送ってくれたっけ。当時でも中国人とチベット人と貧富の差があったけど、近年の中国の発展でますます格差が大きくなり、平和を願うチベット仏教僧ですら、長年の積もり積もった我慢や憎しみが爆発したのだろう。神聖なヒマラヤを仰ぐ素朴なラサに戦車や武力など不釣合いな光景だ。一方世界経済の動乱、欲望の大国に振り回されるのはもう御免という心境だ。

あっという間

若き素敵なキャリアウーマンと早いランチをして話が盛り上がり、気づいたらあっという間に5時を回って驚いた!
よく学びバイトしては旅して密度濃く過ごした学生は、社会人になってもハードワークを苦と思わず充実した生活を楽しんでいるよう。学生時代のインド体験も貴重で、タフになれる原因かもしれないと思った。こんな頼もしい若者たちが増えれば将来の日本も明るく思えてくる。

心の転換

駅のホームでエレベータに乗ったら、「あんた、お腹が大きいの?」と見知らぬおばさんに声をかけられた。「デブに見られたのか、コートのせいだ」とへこんだけど「若く見られたのかもしれない」と気を取り直す。ものの捉え方で不幸になったり、幸福になったりするものだ。今の日本、すべて順調で完全であることが当然で、少しでも問題があればそれがニュースになり暗くなって希望を失せていく風潮。本当は他の国から見ればよっぽど物質的に豊かなのに。物は無くても幸せになれる、ブラジルやネパールやコンゴの人々を見習い、今を大切に、陽気に生きたいもの。

田舎暮らしの夢

素早く決断して志摩に移住した友人に会う。志摩も楽しそうな所、田舎暮らしはとても快適そうでイキイキしている。私も八ケ岳の自然の中で暮らしたいと思っても、あーでもない、こーでもないと考え、なかなか移住はできない。少しずつ都会生活をシンプルに片付けながら、やがては田舎暮らしにシフトし、自給自足エコライフでも目指したいものだと思う。

ネパールのニュース ネパールの状況

ミーナさんから来たメールをHP更新した。
日本でも生活が厳しくなってきたと思うが、ネパールでは電気の供給もガスや水や交通機関も無くなった。市場でお金のある人でも買うこともできないそうだ。

ネパールからのメール、資料やネパールの状況

ネパールからのメールをHP更新しました。フクイさん、アメリカ人の知人にHOME FOR BUDDHASに関して話してくださってありがとうございます。明確な資料を作成しないといけませんね。ネパールでは電気が切れたり、燃料が無かったりします。普通に電気や暖房が使えるということは感謝なのだと思います。

花粉と黄砂

先週、目と鼻が痒くって喉が腫れて、ついに花粉症が始まった!かと思って早寝してぐっすり寝たら治った。ただの風邪だったのか?アレルギー検査ではスギはハウスダストやダニ同様大きく反応が出るけど、まだ花粉症にはなっていないと思う。花粉症の人は苦しそう、マスクをしている人が多い。今日は目が痛くてコンタクトレンズを外したり目薬をさした。黄砂が多いらしい。環境変化すると、そのうちゴーグルやマスクをして日差しを避けるような装いで歩くようになるかもしれない。

NPOの交流会

今日は、NPOの交流会を成城大学で行った。いろいろ分野や年齢が異なり様々な経験をした善意な人が集まって、幅広い会話をすることは刺激的で勉強になって楽しい。美味しいランチやケーキを用意して、落ち着いた場所まで提供してくださった村田先生に感謝いたします。今年度は2人ネパール訪問し、活動も見てくれた。私はこのところ夜はコンゴの活動のビデオを短くする編集作業をしていて、パワー不足のパソコンで夜中にDVD書き出しがやっと成功、今日見せた。

汐留42階での結婚パーティー

今日は汐留シティセンター42階で行われた結婚パーティーに出席した。
新橋はあんな高いビルが建ってモダンになった!美しい夜景を眺めながら若いカップルを祝福をする。人生は、助け合い、育て合いが大切なのかもしれないと思うこの頃。
前回の結婚式でネパール土産シルクのショッキングピンクのパンジャビを着て派手と言われたので、今日は控えめにしたつもりで、赤のパンジャビを着た。それでも日本では派手かもしれないという気がした。自立支援したネパール女性の作品で、ミーナさんからのギフト、私にとっては着やすく大切なもの、、、まあ、カラフルでいこう!
カレンダー
02 | 2008/03 | 04
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
カテゴリー
プロフィール

ミアキ

Author:ミアキ
インターネットからNPOワールドワイドファミリーが誕生。現在、ネパールとコンゴ民主共和国でストリートチルドレンや女性や困窮者の支援活動を行っている。八ヶ岳と横浜で二地域居住、八ヶ岳で自給自足を目指す。

クリックしてね!

blogranking

最近の記事
リンク
ブログ内検索
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。